いつの日もマイル、ときどきチャイナ

JALマイル、中国ネタ、お得な旅行情報を中心に発信しています。

上海・新世紀広場の「焼き肉Bistro安村」の食レポ、パート3

上海・新世紀広場、「焼き肉Bistro安村」の食レポ、パート3になります。

 

パート1

www.best-luck.work

 

パート2 

www.best-luck.work

 

ハイハーイ、皆さま大好きなお肉の時間が来ましたよー♪ 上海に来たら1回は安村でお肉ちゃんを食べたいのですが、宿泊場所やスケジュールの兼ね合いで、3ヶ月ぶりの訪問となりました。

 

場所、店舗の簡単な説明、背景、推しの理由等は前回までの食レポをご参照ください。

 

焼き肉Bistro安村の食レポ3

では、早速今回(2019年10月5日)いただいたものの画像を、提供順に貼り付けて行きます。 昼食が遅かったのでそれほどお腹が空いておらず、いつもよりセーブして注文しました。

f:id:best-luck:20191008210811j:image

「とりあえずビールで乾杯!」とはならず、スパークリングワインを頼みました。 オーナーがワインの仕入れにもこだわっていて、良心的な価格で提供しています。 白い泡であれば大抵美味しく飲めちゃう舌をしているので、何でも同じと言ったっら怒られちゃうけど、満足でした♪ 


f:id:best-luck:20191008210856j:image

厚切り牛タン。 焼肉の焼きはじめに、皆さんは何から行きたいですか? おいらはタンなのよねー。 薄いのも好きだけど、厚切りは幸せの次元が一つ上がります^^


f:id:best-luck:20191008210910j:image

チルド肉のミスジ。 冷凍していない、冷蔵と発酵(熟成)だけで一番旨いタイミングで提供するチルド肉は、本気の店しか手を出せません(^^)/

 

f:id:best-luck:20191008211044j:image

はい、食べごろです♪ パクリ! ぎゃー、おいちぃー!

 

なんちゅう語彙力のなさ・・・ 【ミスジ】でググってみたら、すげー解説に出くわしました。

上質な赤身に、細やかなサシが乗っているため、赤身のさっぱりした味わいの中にも、柔らかさとジューシーさが同時に味わえます。ライトでありながらへヴィー、すっきりとした中にもストロングなコク、きりっとしながらもマイルドな味のコントラスト。奥深い味の四重奏です。

ミスジの部位ってどこ?どんな肉?おいしい焼き方&食べ方マニュアル - macaroni

四重奏とな! ライトでヘヴィーでストロングでマイルド・・・ ごめん、よく分からないや^^;

 

とりあえず旨けりゃそれでいいです♪


f:id:best-luck:20191008210929j:image

チルド肉の霜降りカルビ。 あー、美しい! 脂身の取り過ぎは良くないって? おいらはそういう野暮な脅しには屈しないのだ^^v


f:id:best-luck:20191008210944j:image

海鮮生春巻。 向かって左がエビちゃんで、右がサーモンちゃん。 サーモンちゃんにはパクチーが入っているので、おいらは食べていません。 エビちゃんをいただきましたが、ソースとの相性が最高でした♪


f:id:best-luck:20191008211002j:image

アヒージョ。 画像では分かりませんが、エビちゃんの下にマッシュルーム布団が敷き詰められています。 


f:id:best-luck:20191008211032j:image

同じ料理を角度を変えて撮影したもの。 うーん、写真の撮り方で随分変わるなー。 上の方がより美味しそうに見える。。。

 

火傷に注意な料理だけど、泡との相性が抜群! はふはふしながら完食しました!

 

「焼き肉Bistro安村」は、同広場の2階で営業する「稲忠」の姉妹店です。

ぐるなび上海 - 稲忠

「稲忠」の人気メニューをオーダーすることもできますよ。

 

焼き肉Bistso安村、押しの理由3

前回までの食レポから、焼き肉Bistsro安村を押す理由を転載。

  • とにかく旨い(小学生みたいな理由でごめんちゃい。でも一番大事だよね。)
  • 提供している料理のレベルが高い
  • 値段も良心的
  • オーナーが素敵♪♪(これ、大事!  メチャメチャいけてるオーナーです!  あ、日本人オーナーですよ。)
  • お店の雰囲気が素敵
  • 働いている人たちも素敵

手書きの黒板画像も再掲載!


f:id:best-luck:20190712171956j:image

「上質、でもリーズナブル」、なんて素敵なキャッチフレーズなのでしょう!

 

お会計は二人で食べて568元(≒8,520円)。 泡を一本入れて、チルド肉ちゃんはじめ贅沢な料理で攻めましたが、諭吉でおつりが来ました。 実際は電子マネーで「ピ」っとして終わり。

 

「お肉大好き!」というほどでもないおいらが、上海に来たら一度は行きたいと思える「焼き肉Bistro安村」。 上質かつリーズナブルなので、機会があれば行ってみてチョンマゲ\(^-^)/

 

チャンチャン(^-^)/