いつの日もマイル、ときどきチャイナ

JALマイル、中国ネタ、お得な旅行情報を中心に発信しています。

Trip.com/列車予約をしたらホテル割引コードがもらえてお得です

ブログを始めてから40日(厳密に計算すると39日)が経過しました。 本日は・・・・・・ ってやめんかーい! ブログ運営の話はたまにするから微笑ましいのです^^

 

「Trip.com(トリップドットコム)」を取り上げる理由

ここのところ頻繁に取り上げている「Trip.com(トリップドットコム)」のお話です。 なぜここまでしつこいのか? それはですねー、しっかりとした情報を取り上げているサイトやブログが少ないからです。 口コミ・評判はドバーっと出てくるのですが、かしこく「Trip.com」を使い倒す情報ってなかなか見つかりません。

 

おいらは「Trip.com」が「Ctrip」だった頃から愛用しており、中国のホテルと中国国内線の航空券をメインに50回以上は利用しています。 中華圏では断トツに強いし、サイトの使い勝手も良く、カスタマーサービスに救けてもらったこともあります! そんなおいらでも、ティアポイントやPointsPLUSプログラムのことを知ったのはつい最近です。 ブログを始めていなければ、きっとまだ知らないままかと。。。

 

「アンテナを張っている人だけ見つけてくれればいいわ」的なツーンとしたとこがある子なので、おいらが実体験を語って広めてあげることにしました。 「お前ブログ初心者だし、広めるって言っても人見てないだろ!?」というツッコミはなしの方向で^^

 

「Trip.com(トリップドットコム)」で列車予約

さて、今日は列車予約のお話になります。 ひと昔、いやふた昔(20年以上)前は、中国で列車の切符を買うのはカオスでした。 切符売り場には人が殺到し、列なんてあってないようなもの。。。遭遇する度に、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』に出てくる亡者の群れを連想したものです。 当時と比べると、今はびっくりするほどマナーが向上しています。

 

ぅおっと、失礼。 今はネットから簡単に予約できますね。 先日既に発券済みですが、おさらいしてみます。

 

f:id:best-luck:20190315152843p:plain

 

「Trip.com」のトップページの「列車」を選択し、必要情報を入力して検索ボタンを押します。 はい、迷うところではないですね。

 

該当するダイヤがズラズラーと出てくるので、都合のよいものを選びましょう。 ちなみにおいらが予約したのはこれ↓↓↓

 

f:id:best-luck:20190315152847p:plain

 

同行者2名と合わせて3名で一等席を予約しました。 本日(3月15日)時点で売り切れですね。 二等席より一等席の方が座席数が少ないということもありますが、大抵一等席から座席に空きがなくなります。 当日駅で購入しようとしたらダイヤと時期にもよりますが、一等席はもちろん二等席でさえ確保が厳しいという印象です。

 

二等席をポチってみました。 予約手数料分だけ、駅で直接買うより高くなります。 D3010は乗車9日前で既に二等席も残り8枚となっているので、当日はまず売り切れでしょう。 ちなみに二等席の予約手数料はCNY20です。

 

f:id:best-luck:20190315152900p:plain

 

一等席の予約手数料はCNY30ですね。

 

f:id:best-luck:20190315152850p:plain

 

事前予約で座席指定も可能です。 こちらが二等席。 Bを選ぶ人は稀有だと思いますが。。。

 

f:id:best-luck:20190315152903p:plain

 

こっちが一等席です。 あんこ席がなくなっていい感じですね。

 

f:id:best-luck:20190315152853p:plain

 

窓側と通路側のどちらにするかは好みが分かれるところですが、おいらは通路側専門です。 おトイレが近いからですね。 「お前のトイレが近い話なんて聞いてない!」ですって、まあまあそう言わずに。。。 昔は列車も飛行機も外の景色が見たくて窓側だったんですけどね。 おいらがじっとしていられるのは長くても2時間まで。 飛行機だと大抵ラウンジで飲んじゃうし、機内でもいただくから、2時間を超えるフライトだと確実に1回はスッキリすることに。 調子がいいと2-3回は・・・、やめい! 失礼しましたm(_ _)mペコリ

 

難しいところは何もないので、画面の指示に従って必要事項を入力し、決済すれば発券完了です。 受理番号が発行されるので、それを控えて駅に行けば乗車券と引き換えてもらえます。

 

スマホアプリが便利なので、連携して使うと吉

今はスマホとアプリの時代なので、「Trip.com」も当然専用アプリがあります。 これの使い勝手が抜群に良くて、おいらも重宝しています。 アプリに関しては機会があれば後日触れますが、長くなるので今回は列車に関することだけ取り上げます。

 

マイプランに予約しているホテル・航空券・列車の全てが表示されます。 おいらが予約した列車もしっかりあります。

 

f:id:best-luck:20190315152939j:plain

 

乗車券受取情報を゙(*・・)σポチっとな

 

f:id:best-luck:20190315162820j:plain

 

これに身分証明書を添えて、駅の窓口で提示すれば乗車券と引き換えてもらえます。 「わしは印刷したものがないと落ち着かないんじゃー」という方は、予約サイトから出力してお持ちください。

 

列車予約でホテルの割引コードがもらえます

期間限定なのか恒常的なのかは分かりませんが、2019年3月15日現在、列車の予約でホテルの割引コードがもらえます。 

 

f:id:best-luck:20190315152857p:plain

 

一等席だけの特典なのかと思い、二等席で確認したところ、座席の区分に関係なくこの無料特典が付与されます。 距離(支払う金額)が短くても大丈夫なのか、上海‐蘇州(23分)で検索してみたところ、問題なく特典がもらえるようです。 これにはちょいと驚きました。 3名分の予約をしたので、50元割引券が3枚ももらえました♪

 

ホテル予約時に割引コードが自動反映されて便利

もらった3枚のうち2枚は、早々に使わせていただきました。

 

f:id:best-luck:20190315152923p:plain

 

ご馳走様でした。 残り1枚も5月11日までなら余裕で使い切れそうです。 使ってみた感想としては、ホテル予約時に割引コードが自動反映されてとても便利でした。 おいらがポリストーンのフィギュア工場に行く時に、常用しているホテルで検索をしてみることに。

 

f:id:best-luck:20190315152907p:plain

 

後からコードを入力したりすることなく、最初から50元引きで表示されています。

 

f:id:best-luck:20190315152911p:plain

 

割引コードの使用は、前払いが条件です。

 

f:id:best-luck:20190315152915p:plain

 

宿泊代に税金&サービス料を加算した合計金額が、350元以上であれば50元の割引コードが使えます。 使い勝手抜群ですな^^b

 

あ、そうそう。 おいらがCNY(人民元)で予約するのは、アメックス・プラチナで外貨建決済すると、ポイントが3倍たまるから♪

 

 

もちろん日本円でも決済できるし、日本円の割引コードももらえます。

 

f:id:best-luck:20190315170959p:plain

 

なかなかお洒落ですな。

 

合わせて読みたい「Trip.com(トリップドットコム)」の記事

最後においらがこれまで取り上げてきた、「Trip.com」のタメ(!?)になる話を置いておきますね🐾

 

Trip.comを使い倒している大吉の口コミ


3つのポイントがたまるよーというお話


マイル獲得のコツとクアドラプルにおいしい話


割引コードを発行する前にやるべきこと


全部読んで理解してくれた人には、大吉認定「とりっぷどっとこむ検定1級🐾」を差し上げます! 強制的に授与されるので、受取拒否はできません(。-`ω´-)キッパリ!!

 

チャンチャン^^/

 

 

2019年4月19日追記

「Trip.com」で各種ポイントを総取りする裏技を公開しました。 

  • 楽天スーパーポイントが2%
  • Trip Coinsが100米ドル毎に80+プラチナ会員ボーナス30%
  • ブリティッシュ・エアウェイズのマイルが1ポンド=3 Avios
  • アメックス・プラチナの外貨建決済で3%

とクアドラプルでおいしい内容となっています。 ぜひご一読ください♪♪

 

詳細はこちら↓↓↓

 

 

 

中華圏でのホテル予約なら Trip.com