いつの日もマイル、ときどきチャイナ

JALマイル、中国ネタ、お得な旅行情報を中心に発信しています。

中国の偽物フィギュア工場の摘発を機に、偽物ブランド問題を考えてみる

2019年8月8日、上海警察が大々的に動き、偽物フィギュアを生産する工場が摘発されました。 具体的な内容は、当ブログで取り上げたことがあるので、興味がある方は読んでみてください。 初めに読んでおくと、本日の記事がより面白くなるはずです^^ 

 

www.best-luck.work

 要点を箇条書きにしてみると、

  • 上海警察が、バンダイ、任天堂、メガハウス等の偽物ブランドフィギュアを摘発した。
  • 摘発したのは20を超えるブランドで、販売価格は市場価格の三分の一ほどだった。
  • 偽物フィギュアのほとんどが、ドラゴンボール、スラムダンク、ワンピース、ポケモンなどの有名アニメ作品だった。
  • 上海警察が押収したものは、123件100万個以上の偽物フィギュア、偽物の型1200以上、加工機械、運搬車両、生産工具で、3億元近くになる。
  • 現在、本件の容疑者25人は刑事告訴されている。

といった感じ。

 

その後、ニュースで取り上げられるほどの摘発は目にしていませんが、中国人の取引先から「どこどこに警察が入ったみたいだよー」といった類の話を、しばしば耳にするようになりました。

 

詳しく聞いてみると、偽物フィギュア工場の足の引っ張り合いが醜いことになっているらしい。 どういうことかと言いますと、「どこどこ工場で偽物フィギュアを生産している」という情報を得るや否や、すぐに通報し合うようです。 競合工場がダメージを負えば、一時的に優位になれますからね。

 

他工場を通報しておきながら、自工場ではこっそりと偽物フィギュアを生産なんてことは、彼らにとってはお茶の子さいさいです。 なので、偽物フィギュアを手掛ける工場は、発注先の検品さえ受け入れないという徹底ぶりなのですが、スパイで送り込まれた臨時工員から情報が洩れるなーんてことが多発しているようです(-。-)y-゜゜゜

 

目くそ鼻くそ同士が足を引っ張り合って自滅してくれるのが一番おいしいので、「ガンバレー」と熱い声援を送っておきます^^b

 

バンダイが上海警察にガンダムフィギュアをプレゼント

3億元(≒45億円)相当の動産を押収し、25人もの悪い奴らをブタ箱に放り込んだ上海警察を称え、バンダイがガンダムフィギュアをプレゼントしたという記事が出ていました。 

バンダイが特製ガンダムフィギュア贈り感謝、上海警察に 商標侵害事件を摘発 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

 

リンク先には贈ったガンダムと、捕まった25人が護送される画像が掲載されています。 どちらも当ブログには貼り付けたくないので(笑)、興味がある人はリンクからご覧ください。

 

2019年9月2日にはガンダムくんを贈呈しているので、赤い彗星並みに素早い対応ですね^^ 中国もいよいよ偽物ブランドの撲滅に力を入れてきたと読み解くべきです。 動く時は速いですよ、お隣さんは。

 

中国の偽物ブランド問題を考察 

中国の偽物フィギュア工場が摘発された話を機に、偽物ブランド問題を考えてみたいと思います。 おいらが思う所をつらつらと述べるだけですが。。。

 

「中国の偽物ブランド」、皆さんはどういう印象を持ちますか? 「中国=パクリのイメージしかない!」とか「偽物大国だー!」とか「パチモンばっかり扱いやがって、民度の低い国だ!」みたいなイメージでしょうか。 はい、どれも正解です。 事実は事実なので、かばうつもりなど毛頭もありません。

 

ただね、ではなぜ偽物ブランドがなくならないのでしょうか? 尻尾をブンブン振って、買うやつらが大勢いるからです。 偽物ブランドを買い漁る日本人、本当に多いですよー^^;

 

転売や商売目的で偽物ブランドに手を出せば、当然アウトですね。 捕まれば罪になります。 だたし、個人的な使用を目的として購入した場合、原則として刑罰の対象にはならないようです。 今の時代、ちょいとググれば弁護士等の専門家が見解を述べたページがたくさん出てくるので、そういうことなのでしょう。 ここでは深追いはしません。

 

中国の人が集まる都市に行けば、たいてい偽物ブランドを取り扱う市場があります。 表向きは全然違う商品を売っている店なのに、「こいつ、偽物ブランドを買いにきたな」というオーラを嗅ぎ付けるや否や、怪しい日本語で話しかけてきます。 なぜ、こいつら日本語で語りかけてくるのでしょうか? 簡単ですね、購入する日本人がたくさんいるからです。

 

自虐ネタで恥ずかしいのですが、20年以上も前の話なので時効と言うことでカミングアウトします。 Ω(オメガ)の時計ってありますよね、はい高級時計ブランドのオメガです。 Ω(オーム)とかいうふざけたパクリ時計があって、一発でパチモンと分かるレベルのものだったので、逆にふざけて購入し身に付けていました。

 

大学の試験中、時間を確認するために時計をみてびっくり( ゚Д゚) ロゴのΩ(オーム)が剥がれ、秒針にくっついて動かなくなっています・・・ 秒針は一生懸命動こうとするのだけど、Ω(オーム)が邪魔して動けない。 腕を振って秒針を救出しようにも、執拗に引っ付いて悪態をつくΩ(オーム)。 秒針が変な方向にグニャっと曲がり、そのままご臨終となりました・・・

 

おいらの黒歴史の一つが暴かれたわけですが、当時罪の意識など1mmもなかったですね。 「面白いのが安く売っているから、ネタとして使ってやるかー」的なノリもあったと思います。 周りもそうだったし・・・

 

不思議なもので、高級ブランドのスーパーコピー品までレベルが上がると、それはアウトだろーという認識でした。 いやー、パチモンだろうがスーパーコピーだろうが、偽物は偽物ですね。

 

作る側が叩かれるのは当然です。 でもね、買う方も大概やでー。 パチモンやスーパーコピーを持つ同朋(日本人)に、しっかりとダメ出しできないのに、中国だけ叩いても何にも変わらんよー^^;

 

チャンチャン^^/