いつの日もマイル、ときどきチャイナ

JALマイル、中国ネタ、お得な旅行情報を中心に発信しています。

JAL Global WALLET/2,000FOPを求めて③/使ってみました

こんにちはー。 中国出張から戻りました。

 

今回の出張で、JAL Global WALLET(以下JGWと略)を半ば強引に使ってきたのでレポートします。

 

f:id:best-luck:20190218111530j:plain

 2,000FLY ONポイントのキャンペーンに乗っかるためですね。 もちろん使い勝手が良ければ継続利用もあるのですが、大吉の属性的には現時点では利用価値はないです。 その辺も書いて行こうと思います。

 

出張前に両替までは済ませています↓↓↓

  • JGWステイタスカードを保有し(OK✔)
  • キャンペーン期間中(2019年1月28日~6月30日)に(OK✔)
  • JAL国際線にJMBマイル対象運賃で搭乗し(OK✔)
  • 海外でJGWを利用すると(今ここ、OK✔)
  • もれなく2,000FOPがもらえます(7月下旬予定)

 

JGWを使ってみました

使った場所は、ぎりぎり最終日(出張7日目)の空港でした。 イミグレを過ぎた後の免税店で、無駄に高くて不要なチョコレートを購入しました。 リアルタイムでJGWからメールが届きました。

 

大吉さま

JAL Global WALLETのショッピングのご利用がありました。

ご利用日時:2019年02月26日13時07分10秒(日本時間)

通貨種別:中国元(CNH)

ご利用金額:130中国元(CNH)

ご利用残高:429.19中国元(CNH)

以下省略

  

JGWのマイページにもすぐに利用速報が上がります。

f:id:best-luck:20190227134912p:plain

 

これにてミッションコンプリートとなったはずです。 7月下旬に付与されるとのことなので、気長に待つことにしましょう♪

 

さて、ミッションはこれで終わりですが、中国出張族の大吉にこのカードは使い道がないという話を少し。。。

 

使い道がない理由① レートが悪い

先日の記事でもがっつり取り上げましたが、日本円を人民元に両替するレートが悪すぎます。 「手持ちの人民元が0だと怖いから、行く前に1万円だけ両替しておくか・・・」的な利用ならありだと思いますが、それなりにキャッシュを使うことになるのであれば、面倒でも現地の銀行で両替するのが良いでしょう。

 

使い道がない理由② 使える場所が少ない

身も蓋もない話ですね。 話題を打ち切る破壊力も相当です^^; 外国人の利用がそれなりにあるホテル・レストラン・ショップ・施設等でないとまず使えません。

 

中国でクレジットカードと言ったら銀聯のことと言っても過言ではありません。 かろうじて実用に耐えうるのがVISAです。 MasterCard? 何それおいしいの? レベルで地方では使えません。

 

使い道がない理由③ スマホ決済が便利すぎる

「WeChat」「Alipay」の電子マネーが日常生活に浸透しすぎ、もはやこれがないと生活に支障をきたすほどです。 スーパーやコンビニはもちろん、屋台や路上販売でさえスマホ決済になっています。 QRコードが付いていなくても全く支障がなく、個人間の送金機能で支払いが完了してしまうのです。

 

今回体験した一例を挙げます。 大吉とお客さん、工場の幹部さんたち合わせて7人で足裏マッサージのチェーン店に行きました。 一昨年くらいまでは、マッサージ後にサービスカウンターで現金か銀聯カードで精算という流れでした。

 

今回の支払いは進化していて、

  • 足裏マッサージ店に7人で行きました。
  • 支払いをするのにレジまで行く必要がありません。
  • マッサージしてくれた服務員の一人に、スマホで全額個人送金。
  • 7人分の料金をまとめて受け取った服務員が、他の6人に個別送金。
  • 服務員各自が個人の取り分を残し、アガリを店に個人送金。

すごくないですか? 大吉はぶったまげました。

 

「WeChat Pay」での支払いが便利すぎます。 決済の場所と機会を「WeChat Pay」に奪われて、仮にJGWが使えても出すのを躊躇う環境になってしまっているのです。

 

ちなみに電子マネーで決済するには中国で銀行口座を持っていることが条件なので、短期単発出張者や旅行者が手軽に利用できるものではない、ということは言及しておきます。

 

ちょいと長くなってしまいましたが、大吉にJGWは合わないというお話でした♪

 

チャンチャン^^/