いつの日もマイル、ときどきチャイナ

JALマイル、中国ネタ、お得な旅行情報を中心に発信しています。

JALの上級(ステイタス)会員が多すぎて、優先搭乗口で白人が嘆いていた話

先日(2019年9月19日)、広州から羽田へ帰国しました。 その際、広州白雲空港の搭乗口で発生したちょっとした出来事が印象的で、色々と考えさせられたので取り上げます。

 

見出しを見ただけで分かる人には分かってしまうアノ問題。 問題と言ってしまうには語弊がありますが、JALやANAの日系航空会社には、一度取得してしまえば年会費を払い続けるだけで「上級会員」を維持できる珍しい素敵な制度があります。

 

JALだとJGC(JAL GLOBAL CLUB/JALグローバルクラブ)

JALグローバルクラブ - JALマイレージバンク

 

ANAだとSFC(SUPER FLYERS CARD/スーパーフライヤーズカード)

スーパーフライヤーズカード | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ

 

と呼ばれる年会費を毟り取るありがたい制度ですね。 達成した会員本人だけでなく、その家族までも資格保持者に引き上げることができるので、JALやANAの上級会員数は増える一方でしょう。

 

その上級会員のステイタスを最大限に享受できるのは、やはり国際線の利用時となります。 国内線利用時と比較してどのように優れているのかは、公式サイトのURLをリンク済みなので詳細は割愛いたしますが、その一つに優先搭乗を挙げることができます。

 

エコノミークラス利用時にその威力を最大限に感じることができます。 中国線は免税ショップでお土産を大量に買い込む中国人が多いので、遅めに乗り込むと座席上の荷物スペースが占領されてしまい、荷物が近くに置けないなんてことが日常茶飯事です。 これ、何気にかなりのストレスなんですよね。。。 優先搭乗で真上のスペースが確保できればストレスフリーとなります^^

 

あ、そうそう。 これは外国人だけでなく日本のビジネスマンにも多いのですが、機内にいくつも荷物を持ち込む人は何なのでしょう!? ゴロゴロを機内持ち込みする場合、他には二つの荷物の合計が10kg以内の身の回り品(ショッピングバッグ、ハンドバッグ等)しか持ち込んじゃダメなのよ!

機内持ち込みお手荷物(お手荷物)- JAL国際線

 

ゴロゴロ+リュック+ハンドバッグ+たくさんのお土産なんて人をしばしば目にするのですが、クソ迷惑です! 勘違いした上級会員に多い気がするのは、気のせいということにしておきましょう^^; ぅおっと、脱線しちまったわぃ・・・

 

JAL国際線の優先搭乗については、 

搭乗口でのご案内順について(ご搭乗のお手続き) - JAL国際線

で詳しく説明されています。

 

事前改札サービスを希望する乗客の搭乗が終わった後に、優先搭乗が始まります。 事前改札サービスの利用者はほとんど見たことがないですし、あったとしも希望者はごくわずかなので、「搭乗開始=優先搭乗」となるケースがほとんどです。

 

2019年9月23日現在の優先搭乗順序は、

 

f:id:best-luck:20190923144322p:plain

 

となっています。 JALの中国路線にはファーストクラスがないので、ダイヤモンド会員とプレミア会員、ワンワールドのエメラルド会員が最優先です。 前年にガチで飛行機に乗りまくり、かつ翌年に繰り越しできないステイタスなので、妥当と言えば妥当でしょう。 おいらが利用している中国線では多くても10人くらいで、20人とか並んでいるのを見たことがありません。

 

そして次がビジネスクラス、サファイア会員、クリスタル会員、JGC会員となります。 国際線だとクリスタル会員も優先搭乗の対象となります。 そして言わずもがなのJGC会員。。。 冒頭で述べた通り、一度取得してしまえば年会費を払い続けるだけで「上級会員」を維持できてしまうので、昔取った杵柄優先搭乗の有資格者が大量に湧きます。

 

家族会員とその同行者も対象となるため、父ちゃん(JGC会員)、母ちゃん(JGC家族会員)、ガキお子ちゃまA、ガキお子ちゃまBというテンプレファミリーパーティーはもれなく優先搭乗可となります。

 

ステイタス持ちの課長に同行するノーステイタスの部下、JGC会員と一緒に出張する取引先・・・なーんてのも軒並み優先搭乗OKです。

 

なので、上手く利用者みんなのタイミングが合っちゃったりすると、優先搭乗なのに長蛇の列が・・・ その様子はまさに芥川龍之介の『蜘蛛の糸』に群がる、ぅおっと例えが悪すぎるわぃ^^

 

ここまで引っ張って、やーっと見出しの話につながります。 9月19日のJAL88便、広州⇒羽田線の優先搭乗が凄まじいことになっていました。 この路線の優先搭乗者は、普段は30人~多くても50人くらいなのに、この日はエグイほど長い列になっていました。 エコノミークラスの人が間違えてその後ろに並んじゃうくらいカオスを生み出していたのです。

 

並ぼうとしていた白人のおとっちゃんが、「これ、みんなビジネスクラスなのかい!?」と服務員に尋ねる始末。 そりゃー数十席しかないビジネスクラスに、こんなにたくさんの人が乗るわけないもんねー、初見だと吃驚すると思います。

 

列整理の服務員には「そうよ!」の一言で軽くあしらわれてしまい、いまいちどころかいま十くらい理由が分からないおとっちゃん。 サービスカウンターに再度聞きに行ったり、最優先のワンワールドエメラルドの列に並んで弾かれたりと、散々な目に遭っていました。 かわいそうに・・・><

 

ビジネスクラスを購入した乗客は、もっと優遇されてもいいと思うのはおいらだけですか? もし勝手が分からないおいらが、おとっちゃんの立場でビジネスクラスを購入し、搭乗口でこんな羞恥プレーを受けたら次からそのエアラインは乗らないよなー・・・

 

この優先搭乗のルールですが、今後(時期未定)は、

 

f:id:best-luck:20190923154107p:plain

 

と少しだけ変わるようです。 クリスタル会員が優先搭乗-3に落ちたものの、JGC会員は今まで通りに優遇されます。 これだと今までとほとんど変わらないですね。 ムダにカテゴリーが一つ増えて、面倒臭くなるだけだと予想しておきます。

 

あくまでもおいらの個人的な感想ですが、JGC会員は優先搭乗-3がしっくり来ます。 今現在飛行機に乗りまくってくれている人と、ビジネスクラスに乗ってくれる乗客を最優先した方が良いのでは? そうしてしまうと「改悪だー!」と目くじら立てて怒る上級会員が多いのかしら?

 

白人のおとっちゃんのやるせない一連の所作を見ていて、JAL関係者でもないのに余計なことを考えてしまったひと時でした・・・


f:id:best-luck:20190923142326j:imageアイキャッチ画像代わりに、おいらのイケてるショットをペタっとな🐾

 

チャンチャン(^^)/