いつの日もマイル、ときどきチャイナ

JALマイル、中国ネタ、お得な旅行情報を中心に発信しています。

上海・新世紀広場の「焼き肉Bistro安村」が美味しい!

昨年(2018年)夏のことだったでしょうか。。。 上海長寧区の新世紀広場(地下鉄2号線婁山関路駅より徒歩10分、もしくは地下鉄10号線伊犁路駅から新虹橋中心公園内を縦断するルートで徒歩10分)で食事をすることになり、ブラブラと散策していました。

 

新世紀広場は多くの日本料理店がひしめいており、日本人だけでなく、中国人も溢れています。 新鮮な日本料理は本当に美味しいですからね♪♪

 

このエリアには失敗しない美味しい店が多いので、「とりあえずブラっと一通り観て、行きたい店がなければ、◯◯◯でいいよね」って感じだったと思います。

 

新世紀広場の3階は昨夏(2018年)に改装したので、まだプレオープンしたばかりの焼肉屋さんの前で足が止まりました。 ありふれた焼肉屋さんとは違うオーラを放っていました。

 

その名は「焼き肉Bistro安村」、同広場2階、「稲忠」の姉妹店とのことです。 最初に食べた時の衝撃は忘れません。 焼き肉はもちろん、肉寿司、サラダ、一品料理の全てが美味しい!!

 

超高級店で天井知らずの値段を払うのであれば、美味しい店はいくらでもあるのでしょう。 ただここはお値段も良心的で、食べ方と飲み方にもよるでしょうが、一人当り250元~350元(約4,000円~6,000円)もあれば、一流の焼肉と料理がお酒付でお腹いっぱい食べられます。

 

おいらはここに「どはまり」してしまいました。 年に10回くらいは上海に来るのですが、毎回必ず行ってしまうほどです。 「焼き肉大好き」ってほどの属性ではないのに、不思議なものです。 支払うお金に対して、得られる満足感(多幸感)が凄いからだと思います♪♪

 

焼き肉Bistro安村の食レポ

前置きが長くなりましたが、昨日(5月5日)行ってきたので、画像を貼っておきます。


f:id:best-luck:20190506160956j:image

霜降り肉と海胆のお寿司。 海苔の代わりに霜降り肉が巻いてあります。 口の中でとろけてなくなるコンビネーションですね。 旨いに決まっているので、下手な説明は割愛。 ワサビも練りチューブじゃなくて、グッド!


f:id:best-luck:20190506161645j:image

霜降り肉のお寿司(中トロ)。 大トロや赤身も旨いのですが、今回は中トロをチョイス。 とろけはしないけど、歯ごたえもあっていい感じ。 お肉ですからね、噛み心地も大事よね(^.^)


f:id:best-luck:20190506165824j:image

おすすめ12種盛り。 これが実に凄い! お肉の美味しいところ取りをしたオーケストラ。


f:id:best-luck:20190506170311j:image

f:id:best-luck:20190506170349j:image

どの部位も美味しくて、幸せを感じられますよ(^з^)-☆ 自分で好きなように焼いて食べられますが、うち2種類は店員が焼いてくれます。

 

1つは、焼いた肉を卵の黄身とタレに浸し、ライスボールに包んで食べる料理。 ヤバくて病みつきになります! 画像の真ん中にライスボールと一緒にあるやつですね。

 

もう一つは、カルビでフォアグラを巻いて召し上がる料理です。 前掲の霜降り肉と海胆のお寿司同様、とろけてなくなる系のエースをはっています。 画像の一番上で、ドドンとオーラを放っているやつです。

 

その他も全部旨い♪♪ ここのお肉は全部美味しいのですが、味の引き立て役のタレがこれまた凄いのよ。 自家製のタレからハーブ塩、コチュジャンなど7~10種のタレから好きなものをチョイスし、焼肉を味わえるのが素敵。 お気に入りのタレに出合えまっせ!

 

焼き上げて超絶旨そうな写真を撮っていないのが大吉流\(_ _) 逆立ちしても食レポブロガーになれないのが、おいらの宿命みたい。。。


f:id:best-luck:20190506201147j:image

前後しちゃったけど、ベーコンレタスサラダ。 これもいいけど、ここのチョレギサラダは絶品ですぞ。 パクチーとアンチョビのサラダもいけるらしいけど、おいらはパクチーはダメなのよね(^_^;)

 

今回は生ビールをそれぞれ2杯ずつ。 ワインも美味しいけど、暑かったのよ、とても。

 

二人で来たからこれだけ頼めば十分。 一品料理も秀逸なのが揃っています。

 

焼き肉Bistso安村、押しの理由

画像付で言いたいことは全部言っちゃったんだけど、尺が稼げないから最後においらが、焼き肉Bistsro安村を押す理由を挙げてみます。

  • とにかく旨い(小学生みたいな理由でごめんちゃい。でも一番大事だよね。)
  • 提供している料理のレベルが高い
  • 値段も良心的
  • オーナーが素敵♪♪(これ、大事! メチャメチャいけてるオーナーです! あ、日本人オーナーですよ。)
  • お店の雰囲気が素敵
  • 働いている人たちも素敵

ちょいと褒めすぎましたかね(^з^)-☆

 

上記画像付の料理の他に、チョレギサラダを頼み、二人で生ビールを2杯ずつ飲みました。 ものすごくお腹いっぱいになり、下世話ですがお会計は670元(≒11,000円)( ゚Д゚)

 

ほぼ同じクオリティで食べられる、とある日本の焼肉屋さんだと、30,000円↑はしますね。。。

 

「中国だから、物価が安いんでしょ?」なんて言葉が聞こえてきそうですが、とんでもない! 上海はクソ高いですよ、ホントに。 上海人が、「日本は美味しいものが安いから♪」という理由で、ちょこっと外食に来る時代になっています。

 

「知る人ぞ知る隠れ家」みたいな雰囲気もあり、素敵な空間を醸し出している「焼き肉Bistro安村」。 おいらがここまで押すのも珍しいので、機会があれば騙されたと思って行ってみてチョンマゲ\(^-^)/

 

チャンチャン(^-^)/

 

≪2019年7月12日追記≫

「焼き肉Bistro安村」の食レポ、パート2をアップしました。

 

www.best-luck.work